しゃもじの放課後

自分が振り返って見て、このとき何があったかわかるような記事を書いていきたいです。

【遊戯王】パーフェクトルールブック2020に付属しそうなカード5選

こんにちはしゃもじです。

2020年3月27日(金)な発売されるパーフェクトルールブック2020に年々通りなら付属するであろうエラッタ枠を予想していきたいと思います。

 

今回は私がエラッタ収録されるのではないかと思うカードを5枚触れていきます。

エンシェント・フェアリー・ドラゴン

f:id:syamozinohoukago:20200309112018j:plain

9期以降のフィールド魔法が強くなりすぎた結果2018年1月1日に禁止になりました。

前例として≪ダーク・ダイブ・ボンバー≫が特典として付いたこともあったのでEXデッキのカードが特典にされにくいといったことはないと思います。

f:id:syamozinohoukago:20200309113841p:plain

亡龍の戦慄-デストルドーの登場やフィールド魔法のコンボ性能から禁止になりました。

変更前 
 1ターンに1度、手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚できる。
この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
また、1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。
フィールド上のフィールド魔法カードを全て破壊し、自分は1000ライフポイント回復する。
その後、デッキからフィールド魔法カード1枚を手札に加える事ができる。

 

変更後

 1ターンに1度、手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚できる。
この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
また、1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。
フィールド上のフィールド魔法カードを全て破壊し、自分は1000ライフポイント回復する。

 やはり最後のサーチが禁止になった原因なので、そこをなくせば問題なくなると思います。1つ目の特殊召喚効果も強力なではありますが、こちらはそこまで気にする必要はないのではないでしょうか?

 

魔導サイエンティスト

f:id:syamozinohoukago:20200309112029j:plain
このカード1枚で制圧はもちろん、ワンキルまで可能なところが危険で禁止になりました、この効果のままなら禁止解除は永久的にないと思われます。
変更前 
 1000ライフポイントを払う事で、融合デッキからレベル6以下の融合モンスター1体を特殊召喚する。
この融合モンスターは相手プレイヤーに直接攻撃する事はできず、ターン終了時に融合デッキに戻る。

 

変更後 

 このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

1000ライフポイントを払う事で、融合デッキからレベル6以下の融合モンスター1体を特殊召喚する。
この融合モンスターは相手プレイヤーに直接攻撃する事はできず効果は無効され
ターン終了時にEXデッキ

に戻る。

まずは当然の名称ターン1ですね。正直これだけでも良い気はしますが、悪さをされても困るので、効果も無効にしておくのが安全ですね。あとは融合デッキでなくEXデッキですね。

 

レベル・スティーラー

f:id:syamozinohoukago:20200309112045j:plain

 このカードが今回のルールブックに付く可能性が最も高いと私は思っています。

変更前 

(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、アドバンス召喚以外のためにはリリースできない。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのレベル5以上のモンスター1体を対象として

発動できる。そのモンスターのレベルを1つ下げ、このカードを墓地から特殊召喚する。

 

変更後 

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、アドバンス召喚以外のためにはリリースできない。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのレベル5以上のモンスター1体を対象として発

動できる。そのモンスターのレベルを1つ下げ、このカードを墓地から特殊召喚する。

このカードは名称ターン1をつけるだけでかなりおとなしくなります。

墓地から蘇生するモンスターはたくさんいますし、発動後フィールドから離れたら除外するみたいな効果があっても良いと思います。

 

神剣-フェニックスブレード

f:id:syamozinohoukago:20200309112059j:plain
このカードは装備魔法として使われることはほとんどなく、基本的に手札コストとして使われたため禁止になりました。墓地からの回収効果が強すぎた感じですね。
変更前 
戦士族モンスターにのみ装備可能。装備モンスターの攻撃力は300ポイントアップする。
自分のメインフェイズ時、自分の墓地に存在する戦士族モンスター2体をゲームから除外する事で、
このカードを自分の墓地から手札に加える。
 

 

変更後 

このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1)戦士族モンスターにのみ装備可能。装備モンスターの攻撃力は300ポイントアップする。
(2)自分のメインフェイズ時、自分の墓地に存在する戦士族モンスター2体をゲームから除外する事で、
このカードを自分の墓地から手札に加える。

 こちらも名称ターン1をつければ解決ですね。デュエル中に1度でも良い気がします。

 

血の代償

f:id:syamozinohoukago:20200309112112j:plain
こちらは強いことしか書いてないですね。
変更前 
 500ライフポイントを払う事で、モンスター1体を通常召喚する。
この効果は自分のメインフェイズ時及び相手のバトルフェイズ時にのみ発動できる。

 

変更後 

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 500ライフポイントを払う事で、モンスター1体を通常召喚する。
この効果は自分のメインフェイズ時及び相手のバトルフェイズ時にのみ発動できる。

 このカードも正直名称ターン1をつければ問題ないのではないかと思っています。似たカードに≪連撃の帝王≫というアドバンス召喚限定ですが、相手ターンに召喚することができるカードがありますし、罠カードという点も含めて大丈夫だと思います。

 

まとめ

 今回エラッタされそうなカードを見ていて思ったのですが、大抵の禁止カードは名称ターン1をつければ大丈夫じゃね?と感じました。ドロー系やルールに介入をするカード以外はですが。今度は名称ターン1をつければ帰ってこれそうなカードについて記事を書くのも良いですね。彼らは生まれてくる時代が少し早かっただけなんですよ、きっと。そういうこと……また