しゃもじの放課後

自分が振り返って見て、このとき何があったかわかるような記事を書いていきたいです。

【遊戯王】結局1番強いの壺はどれか考えてみた

こんにちはしゃもじです。

遊戯王の壺という存在は「強欲な壺」を始まり、壺=ドローというのは遊戯王プレイヤーのもはや常識と言ってもいいと思います。現在では10種類ほどあり、派生したものを含めるとさらに数が増えます。

f:id:syamozinohoukago:20200225181935j:plain

 

このほかにも2つを組み合わせた

 

f:id:syamozinohoukago:20200225182616j:plain

 といったものまであります。

 

それなら一体どれが一番強いのかと思うのは自然なことですよね。

今回はそれを考えてみました。

弱い壺

f:id:syamozinohoukago:20200225183808j:plainf:id:syamozinohoukago:20200227165307j:plainf:id:syamozinohoukago:20200227174852j:plain

【謙虚な壺】と【無欲な壺】は間違いなく弱いです。このカードたちを使うならもっと強いカードがたくさんあるのでそっちを使った方がいいです。

【貪欲で無欲な壺】は「メインフェイズ1の開始時」と発動条件が決められていて、異なる種族のモンスターを選ばなくてはいけないので他2つと比べると強力ですが、なかなかに使いにくいカードになっています。

遊戯王において欲を出さないことは弱いことだということが分かりますね。

 

デッキ次第では強力

f:id:syamozinohoukago:20200227171919j:plainf:id:syamozinohoukago:20200227171929j:plainf:id:syamozinohoukago:20200227171938j:plain

【強欲で謙虚な壺】は発動したターンは特殊召喚ができないので、今の時代ではかなり使いにくくなってしまっています。このカード登場当時はかなり高価なカードでしたが、いまではかなり安く購入ができます。

【金満な壺】も発動するターンはペンデュラム召喚以外特殊召喚ができないので、別のカードに【ペンデュラム・ホルト】という2ドローカードもあるのでなかなか使われにくいカードです。

【大欲な壺】は除外デッキならかなり使いやすくなっていて、似たカードに【異次元からの埋葬】というカードもありますが、個人的にはこちらの方が速攻魔法ですし強いと思います。

汎用カード

f:id:syamozinohoukago:20200227172004j:plainf:id:syamozinohoukago:20200227172013j:plainf:id:syamozinohoukago:20200227174838j:plain

【強欲で金満な壺】はEXデッキを使わないデッキからしたら発動タイミングの決められたただの強欲な壺です。EXデッキにあまり重点のおかないデッキでもおくデッキでも使うことができるので強力です。

【強欲で貪欲な壺】は【強欲で金満な壺】のデッキバージョンです、デッキトップを10枚裏側除外するので除外したカードの再利用は絶望的ですが、ダイーザなどと組み合わせるとさらに強力になります。

【貪欲な壺】は安定して強い毎年スターターデッキに入るくらいには汎用度が高く強力です。このカードを採用できないデッキはほぼ無いと思います。

禁止級の強さ

f:id:syamozinohoukago:20200227180932j:plain

 説明不要なほど最強!このカードが禁止から帰ってくることはないでしょう。

1枚が2枚になるのが単純に強い、遊戯王をやっていない人からしたら強さが伝わりにくいですが、遊戯王プレイヤーでこのカードを知らない人はいないといってもいいレベルで有名です。

まとめ

壺って思っていた以上にあるんですね。これに似た系統で瓶なんかもあるのでこんなところからも遊戯王の歴史の長さが分かりますね。個人的にはもっと壺系を出して欲しいと思うんですが、難しいんですかね。