しゃもじの放課後

遊戯王が好きです。趣味でナンバーズハンターをしています。アニメやゲームも好きです。

KONAMI手札誘発を殺しに来てる!

こんにちはしゃもじです。

次のVジャンプで付いてくる「抹殺の指名者」の効果が判明しましたね。

今回はこのカードについて話していきたいと思います。

f:id:syamozinohoukago:20190510193913j:plain

 効果

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):カード名を1つ宣言して発動できる。
宣言したカード1枚をデッキから除外する。
ターン終了時まで、この効果で除外したカード及びそのカードと元々のカード名が同じカードの効果は無効化される。
 
なかなか強い効果ですね。
このカードは間違いなく手札誘発を殺しに来ています。
なぜならこのカードは汎用カードではありますが、相手のデッキ依存になっているからです。
 
こっちが「転生炎獣」を使って相手が「サンダードラゴン」を使ったとしましょう。
この二つのデッキがもし純構築同士だった場合正直、使う意味がありません。
そうですこのカードは、自分がデッキに採用してるカードであり、相手もデッキ採用しているカードでなければなりません。
 
もし、除外することが目的なら素直に「封印の黄金室」を使った方がいいです。
 
今の環境でお互いのデッキに99%採用されているカードは手札誘発しかありません。
これはKONAMIがもうそろそろ手札誘発の時代を終わらせようとしているということなのでしょうか?
墓穴の指名者」に続く手札誘発ケアで、このカードが出て一番被害が出るのは間違いなく「無限泡影」だと思います。他の手札から捨てて発動する効果と違い、発動時は場にいるので墓穴ではいままで無効にできませんでした。これはうれしいですね。
 

墓穴と抹殺はどっちが強い?

私は「墓穴の指名者」の方が圧倒的に強いと思います。
理由は前文にも書きましたが、「抹殺の指名者」は汎用的ではありません。
完全に対手札誘発用のカードになっています。
 
それに引き換え「墓穴の指名者」は汎用的なカードです。
このカードが刺さらないデッキはあまりないです。
今時、どのデッキも墓地を利用するので、手札誘発だけでなく他にも使うことができます。ここが抹殺と大きく違うところですね。
 
採用するとしても墓穴の指名者を3枚入れて、それでも心配なら入れるといった感じだと思います。
 

まとめ

私も取り合えず3冊はVジャンプを買うと思いますね。

しかし、私はあまり手札誘発を採用するガチガチの環境デッキを使わないので、私がデッキで採用することはなさそうですが、全員応募サービスの20thシークレットの羽箒は欲しいので、3冊ですね。

今回もVジャンプは争奪戦になりそうなので、頑張って3冊確保したいと思います。

今回は以上です。