しゃもじの放課後

遊戯王が好きです。趣味でナンバーズハンターをしています。アニメやゲームも好きです。

月刊雑誌の中で1番売れてるのはVジャンプ説!

こんにちはしゃもじです。

皆さんはVジャンプをという雑誌は知っていますか?

私は月刊雑誌の中で最も売れてるのはVジャンプだと思っています。

今回はその理由説明しようと思います。

f:id:syamozinohoukago:20190509230707j:plain

 

付録

もはや本がオマケ状態になっています。

ここ数年は毎号遊戯王カードが付録になっていて、これがこれから話す「購入制限」や「初日完売」に繋がってきます。

他にはドラゴンボールヒーローズのカードが付いてくることもありますね。

 

遊戯王は勿論、ドラゴンボールヒーローズもとても人気のあるアーケードゲームでたまに強いカードを全員応募サービスとして入手する機会がある号の時は買うのが大変です。

遊戯王の全員応募サービスだと、争奪戦状態になります。これは、私の住んでいるところだけではないはず…

 

今時の雑誌は付録がとても豪華だったりしますが、Vジャンプはカードだけで勝負しています。すごいですよね。

 

購入制限

皆さんがいつも買っている雑誌には購入制限はありますか?

おそらくないですよね。

そもそも、そんなこと書いてあっても一冊しか買わないですしw。

しかし、遊戯王は違います。私も基本的3冊買います。

 

転売ヤーがお店のVジャンプを全部買っていくなんてこともあります。

それを防ぐためにお店がとった行動が購入制限です。いつ購入制限するようになったかハッキリとは覚えてないですがZEXAL時代とかには、購入制限なかった気がします。

多分、毎月付録カードがつくようになったARC-V頃からだと思います。

おかげで3店舗行かないといけないです。

 

ではなぜVジャンプは複数買われるかを説明します。

答えは単純です。カードが複数枚必要だから買っています。

 

遊戯王というカードゲームはデッキに同名カードを3枚まで入れることができます。

つまりは、「取り合えず3枚確保しておこう」というのが大多数の考えだと思います。

全く作るつもりのないデッキの強化カードとかだったら1冊も買わないこともありますが、汎用カードとかだと「3冊買っておこう」になります。

 

遊戯王は株」と言われるくらい遊戯王は突然一部のカードが値上がりしたり値下がったりします。その中でも、付録カードは高騰しやすかったり、再録がなかなかされずいつも少しの需要があるので、値段が下がりにくい傾向にあります。

これが上にも書いた「取り合えず3枚確保しよう」という発想を遊戯王プレイヤーにさせています。

 

最悪、売ってしまえば3~5割くらいの金額は帰ってきます。

そしたらもう、買わない手はないですよね。

だから遊戯王プレイヤーはVジャンプを複数買うんですね。

 

初日完売

普通です。

勿論月によってはあんまり売れないことがあります。しかし、汎用カードや強力なカードが付録カードになると初日に行かないと売り切れます、冗談抜きで。

もうその日の夜に本屋行ってもない可能性が高いです。

しかし、学校帰りや仕事帰りでもまだ売っていたりするので、朝一ではいかなくて大丈夫ぐらいの感じです。

 

まとめ

月刊雑誌の中で1番売れてるのはVジャンプ説!とか書いていますが、すみません。

1番がどうかを調べる術はないですw。

しかし、体感では間違いなく最も売れている雑誌です。私が買ってきた雑誌の中で購入制限があったのは、Vジャンプだけですから。

仕入れたら必ずと言っていいほど売り切れるので、本屋からしたら結構良い本なのではないでしょうか?

今回は以上です。